【初心者向け】プログラミングで悩むことが多いなら、ノートにまとめてみよ

 

こんにちは、月子です。

プログラミングスクールに「Java」を習うために通いはじめ、一週間が経とうとしています。

 

 

日本文学科卒業という、ゴリゴリの文系の私にとってプログラミングとは未知の世界。

1時間に1度は発狂という、状態になっております。

 

 

 

その度に優しい言葉をくださるフォロワーさん。あなたの言葉、プライスレス・・・(合掌)

 

今回、この記事では、発狂しまくっている自分に

プログラミングに悩んでいる時の解決方法」を書こうと思います。

 

「初心者が何を言ってるんだ?」「いいからプログラミングやれや」などのツッコミは聞こえません。

 

ちゃんと理由がありまして、

「ノートにまとめるのって、メリットめっちゃある〜〜〜!」

気づいたからなんです。

うーんうーんと唸り、頭を混乱させるのは、ぶっちゃけ辛いです。

「プログラミングできるのかな・・・」と不安になることもありました。

 

そんな時、ノートにまとめる勉強法を試したところ、

「分かる・・・分かるぞォ・・・・!」ムスカ大佐になることが増えました。

 

もしかしたら、自分の解決方法が、誰かの助けになるかもしれない。

そう思ってブログに書くことにしました。

 

この記事のターゲット
プログラミング初心者で、どうしたらいいか分からない人

 

この記事を読んで分かること
ノートにまとめる勉強法が、あなたの悩みを解決します

 ノートにまとめるメリット

 

え?まだノートにまとめる勉強法をしていない?

 

いいから!黙って!ノートにまとめよう!!!

 

書いてあることをノートにまとめる?
それって時間の無駄じゃない??

 

 

NO!!!!!!

 

なぜお前は!!頭の中だけで!!理解できると思ってるんだ!!!

(過去の自分へのツッコミ)

 

ノートにまとめるメリットを自分なりに語りましょう。

 

 

丁寧に勉強することができる

 

同意していただいた方は、私と同じタイプだと思うのですが、

 

流し見で訳わからんコードが並んでると、

           一気に興味が失せませんか?

 

たとえばprogateで、スライドを見て

 

うーーーん、意味不明なコードばかり並んでるな・・・

 

そんな風に凹んでいる過去の自分よ・・・

 

おばか!!お前は見ただけで理解できるほどの脳みそ持ってるのか!!

 

まずは黙ってノートに書き出しましょう。

ここでのコツは、ただ写すのではなく「理解しようと思って写すこと」

 

そのため、書いている途中で分からない単語があれば、きちんと調べる。

メインのメソッドと、別のメソッド、どちらのコードなのか理解しながら書く。

 

意識するのは、丁寧さです!

 

流し見してると、なんとなーーーく分かった気になっちゃうんですよね。

そうじゃなくて、ノートに写して「自分に落とし込む」

これが大切です。

 

また書いていると、単語の間違いにも気付きやすくなります。

 

たとえばクラスの単元で登場した「インスタンスフィールド

流し見してた時は「インスタントフィールド」だと思い込んでました、ラーメンかな?

恥をかく原因にもなりますので、正確な単語を覚えましょう。

 

 

親近感湧く例文にできる

 

これもノートに書く時のメリットです。

参考書の例えって、だいたい「鈴木」とか「佐藤」じゃないですか。

それをノートに写す時は、自分の名前や好きな人の名前に書き直します。

「そんだけ?」と思われそうですが、これが意外と良いんです!

 

たとえば私はArrayListの部分で、こんな風にメモしています。

確か参考書では「1」という数字を加えたり、削除してたのですが、

私は「りんご」「バナナ」と変えて書いていました。

最近スムージーを飲み始めて、果物が好きになった影響です。

 

すると見返した時に、自分に馴染みがあるものが書いてあると、イメージしやすくなります。

イメージしやすくなれば、コードに対する理解も深まる!

ぜひ親近感湧く自分なりの例えで書いていきましょう。

 

割とノートは効率がいい

 

ノートって非効率じゃない?
書く時間も手間だし・・・

 

そう思い込んでいたのですが、実際ノートにまとめはじめたところ、

 

意外と効率がいい!

 

というのも、何か分からないコードがあった時、スライドで戻るのは手間なんですよね。

一つ前の単元ならまだしも、前に勉強したコードとなると、探すのも面倒だったり。

しかしノートだとペラペラ〜とめくるだけでいいので、欲しい情報がパッと出ます

 

さらに分からなかった単元の前後で学んだことも見れるので、

ついでに勉強」ができるのもメリットです。

 

たとえば

 

while文ってどうやって書くんだっけ・・・?

 

と、悩んでノートをめくってると、

 

あった、あった
あ、そういえばfor文と一緒に学んだなぁ

 

こんな感じです。

 

「勉強する機会が増える = 定着率が上がる」ので、「ついでに勉強」は割と馬鹿にできません。

 

 

1文1文理解していけば、資料は貴方に寄り添ってくれる

 

まとめです。

私は割とせっかちで、全体を掴んで終了になるタイプです。

 

あーーなんとなくOK!多分いける

 

こんな適当さで痛い目あったのは数知れず。

 

今回プログラミングを学びはじめ、同じような失敗をしでかすところでした。

スライドをどんどん見ていって、

 

うーん、意味不明なコードばかりだなぁ

 

こう悩むのは当たり前です。

なんせ今まで触れたことがない言語が並んでいるのですから。

挙げ句の果てには「資料が分かりづらい!」と他責する始末 笑

 

そんな時に、ノートにまとめはじめると

あぁココとココが繋がるのかー

 

そう分かる時が必ずきます。

一つ何か繋がれば、次に分からなかった部分も、どこかで繋がるようになる。

 

魚を眼の前にして、

「どうやって捌くんだろう・・・」と悩むより、

「頭、腹、背、尾と分けて捌いてみよう」と考えるイメージでしょうか。

 

全体で把握するより、ノートにまとめて丁寧に勉強した方が、近道だと痛感します。

 

 

そのためプログラミングで「全然分からん!」と悩んでいる方は、ぜひノートにまとめる勉強法を試してみてくださいね。

 

私も頑張ります!!

 

 

 

 

 

***

派遣から正社員として、内定をもらいました!

 

Twitterでは、未経験エンジニアとして経験・知識を発信しています!

お気軽にフォロー・リプライしてください☺️

 

【未経験からエンジニアになりたい人、おすすめのプログラミングスクール】

(コロナの影響で、オンラインでの無料説明会で案内しています)

 

1、GEEK JOB

私が通っていたプログラミングスクールです!

1番のメリットは、

無料の転職サポート&プログラミング教育を受けられることです

私もGEEKJOBで転職サービスを受けて、入社しましたが、

最初から最後まで完全に無料でした。

プログラミングできるかな・・・と不安な方は、

最初は無料の説明会と体験会もあるので、

お試しで行くのも1つの手ですよ♩

 

無料説明会はこちら

2、TECH::EXPERT

「有料でもいいから手厚いサポートを受けたい」という方は、

私も大好きなマコなり社長が経営しているTECH::EXPERTをおすすめします!

なんと、質問し放題の環境が整っています。

未経験エンジニアとしての経験談なのですが、

質問できる環境ってありがたいですし、なにより成長ができます!

相談会や説明会は無料です。


無料相談会はこちら

3、DMM WEBCAMP

DMMが開催しているプログラミングスクールです。

こちらは有料ですが、条件を満たすことで

支払った教育訓練経費の最大70%が教育訓練給付金として支給されます。

 

こちらも相談は無料です。

無料相談はこちら

 

 

無料・有料どちらがいいかは体感だと、

有料の方がサポートが手厚い傾向です(当たり前ですよねw)

しかし無料だから適当というわけではないですし、

私のように転職を繰り返してお金がない人からしたら、

無料スクールはすごくありがたい存在でした🎵

 

有料スクール→手厚いサポートが欲しい人
無料スクール→自主的に勉強できる人・お金がない人

 

自分にあった方を選んでくださいね^ ^

 

この記事を書いた人
月子

経歴なし / スキルなし / お金なし
文学部卒業し、社会人になり転職3回。
3重苦になりながらも、プログラミングスクールへ。
4月からSESの会社で、未経験エンジニアとして働きます。
フリーランスエンジニア&副業で年収1千万いくのが夢です。
新婚です。

駆け出しプログラマーの毎日
プログラミング転職を決意した件
スポンサーリンク
駆け出しプログラマーの毎日
月子の新婚生活記

コメント

タイトルとURLをコピーしました