カバートアグレッションと聞くと、元先輩を思いだす

 

こんにちは、月子です。

先日メンタリストDaiGoさんのブログを読みました。

 

内容をまとめると、カバートアグレッション(隠れた攻撃性)を持つ人は危ないという話でした。
カバートアグレッションが、どのような人たちを示すかというと
① 相手が被害者になろうとしている
② 相手が自分の罪を軽くしようとしている
③ 皆さんに対して罪悪感を煽ろうとしている
この三つを見た時、前の職場の先輩を思い出しました。
この記事では先輩にどんな攻撃性があったか見たあと、自分の失敗と、今後の対策を書いていこうと思います。
離れてしまったので会うことはないと思いますが。二度と会いたくねえな!

先輩の隠れた攻撃性とは

 

第一印象は「明るくて、仕事のできる気のいい先輩」でした。

 

経験者ということもあり仕事もできるし、アドバイスをくれるし、話してて楽しい。
見た目もきれいでしたし、おしゃれにも気を使っていました。

 

しかし、だんだん雲行きが怪しくなっていったのです・・・

 

~登場人物~

月子:私、派遣社員
OJT:27歳正社員、不思議ちゃん
先輩:32歳、派遣社員
上司:38歳、正社員

 

 

私のOJTに対する攻撃性

 

私には27歳のOJTがいました。

※OJT・・・教育係のこと。

 

職場では浮いた存在で、確かに言動が不思議ちゃんなところがありました。
しかし私に対して、一生懸命教えてくれたこともあり、感謝をしていました。

 

私が入って三か月ほどでしょうか
先輩からOJTに対する、やわらかで隠れた攻撃が見え始めました。

 

 

たとえば会議の時、『どうすれば現場の雰囲気がよくなるか』という議題に対して

 

「やっぱり一緒に働く人が大切だと思うんですよね
月子ちゃんとか、上司とかと二人で仕事してるときは、私も楽しく働けてますし♪」

 

 

OJTの名前がない

 

 

他にも、私と二人きりでいる時に言われたのは

 

「ねぇOJTと一緒にいない方がいいわよ」

 

理由を聞くと、深刻そうに言われました。

 

OJTってほら、ちょっと不思議ちゃんじゃない。
月子さんに影響あったらな・・・って不安になるの」

「職場を良くしたいから、OJTも変わってほしいなぁと正直思うのよね」

 

などなど

 

「誰かを思って」の言葉が多かったと今でも思い出されます。

 

今でこそ「なんで騙されたんだ・・・」と忸怩たる思いがあるのですが、
当時は先輩のことが好きだったこともあり「先輩って優しいなぁ」と本気で思ってました。

 

しかしOJTとは話す機会も多かったため、自分からは特に無視したり、悪口を言ったり、アクションを起こしたりしませんでした。

するとめっきり、先輩から注意を受けることはなくなりました。

 

 

上司への裏切り事件

 

上司先輩は、とても仲が良く、いつも楽しそうに話していました。

ただ、この上司がなかなかの曲者で、OJTをいじめ抜いた人でもあります。ひー怖いよー!

 

四人の空間で、上司先輩OJTをいじめてますからね。さっさと転職すればよかった。

 

上司は新卒から、ここで働いていました。
まぁ正直、そんなに責任感などはなく、やりがいのない仕事なのですが

・・・ぶっちゃけ非正規労働者だけで事足りる仕事です(笑)

 

私はこの楽ちんな職場で、資格を勉強していました(笑)

 

しかし上司はここで10年以上、勤務し続けたのです。
ほとんど上司らしい上司もいないまま。
そうなると人間、成長しないんですよね。

 

わがまま言い放題、叱られると逆切れ状態、気に入らない奴はとことんいじめる・・・

 

ほとんどパワハラに近い上司でした。私も大嫌いでした。

 

しかし10年以上勤務したということもあり、ずっとそこで席を置いてました。

 

 

そんなある日、転機が起きたのです。

新しい派遣がやってきたのです。

この派遣さんが、まーーーーーーーー気が強くて。

 

ガンガンに言います。「え?それ違くないですか?」とか先輩に向かって普通に言います。物に当たることもあります。子供かよ。

 

しかし良い面もありました。

 

上司の理不尽な言動に、堂々と立ち向かったのです。上司はマジ切れです。

 

上司の意味が分からない言葉に、反発する人も増えてきました。
性格的問題を、上の人たちに訴える動きもありました。
「上司嫌だよね」というオーラが、職場に満ちていきました。

 

すると、先輩が動き出しました。

 

 

なんと上司を、パワハラ上司として訴えたのです。

 

これにはびっくらこきました。えーーーーーあんなに上司と楽しく話してたじゃんーーーーー!
OJTは微妙だけど、上司はいいよね☆」って私に言ってきたじゃんーーーーーー!!! 手のひら返しがすごいんですけど!!!!

 

 

ここからがすごかった。

 

上司先輩は仲良かったため、あらゆる情報や証拠を持ってました。

 

たとえば、OJTへのパワハラまがいの言動

他部署の社員と仕事サボってカフェデートしてたこと

 

違う他部署の社員と仕事サボって、食堂デートしてたこと

 

 

いや、仕事しろや

 

 

先輩は会社のお偉いさんとも仲良かったため、確固たる証拠がなくても、みんな信じてくれたようです。

 

わずか半月で、上司は異動になりました。10年以上いた職場を離れて。

 

先輩の手腕に、恐れおののいた記憶があります。

 

 

私が攻撃の対象になった

 

先輩は近くの華やかなオフィスに異動しました。

私たちもメンバーは変わったものの、穏やかな日常を過ごしていました。

しかし、ある日、仲が良かった同僚の態度が豹変したのです。

 

行動としては、

 

・一緒に働く人を全員無視
・挨拶しても、冷たい反応だけ返す
・他人のミスをいやらしく指摘する
急な豹変に驚く私、そして現場の雰囲気はどんどん悪くなっていきました。
あまりに泣きそうで、私は先輩に相談します。
先輩はとても親身になって、話を聞いてくれました。
優しい先輩がいてよかった・・・と胸をなでおろすと、ある日突然、同僚に言われました。
「ねぇ月子さん、あなた私の悪口言ってるでしょ、先輩に
WHAT?!

 

いきなりの冷たい声に、驚きすぎて声が出ない私です。

 

確かに相談しました。

しかし「同僚が無視してくるんです!ありえない!」なんて一言も言ってません。

なぜなら私は同僚が大好きだったからです。※今は大嫌いです

 

むしろ強めの言葉を放っていたのは、先輩の方でした。

 

「一番上のくせして、お姉さんになれないの嫌だねえ」

「家庭でケンカして、職場に当たってるんじゃない?」

「あの同僚は、裏があるって思ってたの」

 

 

そ、それをお前~~~~~~~私が悪口ガンガン言ってるみたいな言い方しやがって~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

私はこのあと、相談ラインを全て印刷して同僚に渡すという暴挙にでました。

 

私は 何も 悪くない。

 

 

人を傷つけることに何ら罪悪感を抱かない人がいる

 

 

先輩から傷つけられ、旦那に相談したところ、呆れたように言われました。

 

 

「そういう人には、絶対相談しちゃ駄目だよ

 

 

旦那曰く、社会には先輩のような人が、一定数いるということでした。

 

・人の情報をうまく取り入れて、弱みを握る人
・情報を操り、自分だけがのし上がる人
・人を傷つけ、陥れる人
・上記の行動に何ら罪悪感を覚えない人
「どうすればいいの・・・?」
私は涙目になって聞きました。
私にも同僚にもいい顔した先輩
同僚に嘘をつき、私と同僚の間には、埋めることができない溝ができました。
しかも何の罪悪感もなく、裏切りました。
悔しくて仕方ありませんでした。
割と信用していた人から、裏切られる・・・心から憎かった。
そんな私に、旦那さんは言いました。
「でもね、人との関りは心だから。
そうやって裏切る人が、上に行くかもしれない
だけど絶対いつか痛い目にあうよ
重い言葉でした。
もしかすると旦那さんも過去に、そういう人に苦労させられたのかもしれません。

カバートアグレッションから離れるのが一番

 

DaiGoさんは彼らへの対策として、「彼らの行動を先読みする」と言っています。

 

敵に回すとマジめんどくさい人種なので、行動を先読み、手のひらで転がっているフリをするのです。できるか、そんなもん。

 

ただでさえ見分けつきづらいのに、「あの人はカバードアグレッション!」なんて分かるわけがありません。ドラえもんの道具でもまだないと思う。

 

私が唯一実践できそうと感じたのは、「一定のラインを決める」でした。

 

家族のこと、同僚のこと、自身のこと・・・ここまで踏み込んできたら『立ち入り禁止』と拒否する方法です。

 

一定のラインを決めていれば、自身の情報が面白おかしく流れる可能性もなくなります。

ただこれも相当訓練しないと難しそうだな~と思ったので、やはり離れるのが一番だと感じました。

 

私は異動し、彼女から離れることができました。

今は話すことも、会うこともありません、ハッピー!!

 

彼らは周りを不幸にしても、自分がのしあがろうとします。
しかも口がうまいので、簡単にのせられてしまいます。

 

こういう人種が、自分に近づかないことを望みながら生きていくのが一番ですね。いやぁ厄介!(結論)

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
月子

20代後半 / 派遣OL / 新婚

『人に感謝を伝え、尽くすことで、
    最終的には自分が幸福になれる』

ブラック企業と親の離婚を同時に味わい、絶望した日々を送っていましたが、
だいすきな男性と出会い結婚し、今は幸せいっぱいの日々。新婚1年目。
幸せと言いつつ「お金が足りない!派遣じゃ駄目だ!」と悩む日々。
そんな時に、ブログで副業する方法を知り、試行錯誤中。私の日常が、どなたかの共感や助けになれば嬉しいです。

ツイッターで旦那さんとの日々をツイートしています♪お気軽にフォローしてください
ぶっちゃけ話
スポンサーリンク
ツイッターで旦那さんとの日々をツイートしています♪お気軽にフォローしてください
月子の新婚生活記

コメント

タイトルとURLをコピーしました