夫婦喧嘩で、同じことの繰り返しで疲れていませんか?

 

こんにちは、月子です。
自分で言うのもあれですが、旦那さんとは仲良しです。まぁ結婚一年目で仲良しじゃなかったら駄目ですね(笑)

私の結婚価値観は、両親を反面教師にしている部分が多いです。

私の両親は10年ほど仮面夫婦を続け、離婚いたしました。
同じことで夫婦喧嘩を繰り返し、冷めきった関係を続けていました。
小さい頃から見ていたので「あぁはならまい・・・」と誓いました。

この記事を書くことにより、「同じことで喧嘩を繰り返しており、疲れている夫婦」の人へ届けば嬉しいです。

 

え?良心が痛まないのか?両親だけに?やかましいわ

それでは両親のスペックをどうぞ。

~私の両親~
:専業主婦。細かい。普段は優しいが、ヒステリック持ち
:会社員。おおざっぱ。普段は穏やかだが、色々ずれてる

 

さて、赤裸々に書いていきます!

我慢はしないが、冷静に言葉にだす

「言いたいことを我慢しない」
「冷静に言葉に出す」

分けて書こうと思ったのですが、いやこれセットだなと思って一緒にしました。

分けてしまえば「はっきり言っていいんだな!」と
早とちりする方もいらっしゃると思ったので。

言葉に出すのは簡単です、離婚した母も出してました

重要なのは「冷静に言葉に出す」ということです。
詳しく見ていきましょう。

 

我慢し続けた母

母は毒舌な部分もありますが、基本は優しいです。

しかし、まるで火山のように、沸点を超えた時の爆発が凄まじい。

 

何故そんな爆発してしまうのか?

 

ずっと我慢している」からです。

 

・父親のおおざっぱな振る舞いにも最初は許す
・姑に色々言われても何も言わない
・実母に愚痴られても、ただ受け止める

 

おそらく怖い兄がいた、という過去の背景があるのでしょう。

自分の言いたいことを言わず、我慢する術が最適解だと思ったのかもしれません。

しかし長年積もった我慢は、ある日を境に爆発しました
(更年期の影響もある)

 

 

f:id:jinjya-curry:20190618151413p:plain

 

今まで自分の意見を言うことが少なかった母は、上手に言葉を吐き出す方法や量を知らなかったのでしょう。

まるでマグマのように、感情的に次々と吐き出すことになりました。

 

 

感情的な言葉は、何も解決しない

 

両親の喧嘩を見ていると、

 

感情的に叫ぶ母

 VS

うんざりして冷静に返答する父

 

いつも、こんな争いを起こしていました。

子供の私から見て、どちらも正論は言っているんです

 

母の感情的に叫ぶ
→父「冷静になれ」と怒る
→母「私はこんなに怒っているのに!」
→さらにヒートアップ

 

毎回このパターンでした。飽きずにやり続け、ついに離婚しました。私は「感情的な言葉は、何も解決しない」という答えを痛感しました。

 

 

二人の喧嘩から見えること

 

二人の喧嘩から見えるのは、主に二つです。

 

・どちらかが我慢すること
・感情的に相手を責めること

 

もうこうなってしまえば、関係の修復は難しいです。

しかし反対を言えば、これの逆をやれば事態は改善するのではないでしょうか。

 

たとえば旅行中、慣れない土地でイライラすることも多いです。

どちらかだけ店や道を調べて負担が多くなり、楽しくない気持ちが沸き上がることもあります。

 

しかし、そこで

 

「せっかくの旅行だし・・・」と言って、我慢したり

「なんで調べてくれないの?!」と逆行したり

 

これだと絶対喧嘩になります。

 

そのため「我慢せず、冷静に言葉を出す」ことが重要です。

 

 

たとえば、

 

(自分ばかり道を調べてる場合)

 

 

「なんで調べてくれないの?!
なんで私ばかり!!」

 

「私ばかり調べてて悲しいんだ。一緒に調べてくれないかな?」
「さっき私が調べたから、次はお願いできるかな⁇」

(歩くスピードが早い場合)

 

「そんなに早く歩かないでよ!!」

 

「ごめん、疲れちゃうから、もう少しゆっくり歩いてもいい?」

 

 

などなど・・・

 

コツとしては「お願いをすること

 

f:id:jinjya-curry:20190618151805p:plain

 

感情的に命令系で言われると、いくら正論でも腹がたちます。

どうして、そんな言い方するんだ!と火山が連続で噴火します。

 

怒りたい気持ちはすごく分かりますが、感情に任せた分だけ後で返ってきます。

それこそ両親は感情的に言い合った結果、離婚という道をたどりました。

 

また感情的になる最大のデメリットは、

「怒りのポイントが見えなくなる」ことだと思います。

 

たとえば、なんでも人任せなことに怒りたい場合

 

なんで、やってくれないの?!

どうして、そんな言い方しかできないんだ?!

 

このように「人任せなこと」を責めたいはずが、言い方のキツさに会話がシフトしています。

これだと根本的な解決になりませんし、エネルギーを余計に消費するだけです。

 

 

「自分だけが辛い」は禁句

我慢せず、冷静に言葉を出す」ことが重要と説明しましたが、もう一つ大切なことがあります。

それが「自分だけが辛い」は禁句。

 

 

両親を見ていると「自分のことしか考えてないな」と思うことが多々ありました。

 

姑にいじめられたと泣く母

いじめられた証拠がなく、
中立の立場をとったと反論する父

マザコンだと感情的に叫ぶ母

感情的になるなと注意する父

 

 

自分に使うお金が一切ないと嘆く母

小遣いが少なすぎると怒る父

収入が少ないから仕方ないと反発する母

自分は働いてないくせにと愚痴る父

 

 

 

はじまりは、小さな怒りだったかもしれません。

しかし、だんだん雪だるまのように大きくなり、最終的には手をつけられなくなりました。

 

父と母、二人にあったのは「自分だけが辛い」という感情です。

おそらく、この考えが夫婦仲を切り裂く原因ではないでしょうか。

 

たとえば旅行中、「何もしてくれない!」と怒ったとします。

しかし本当にそうでしょうか?

 

相手は、

お土産を持ってくれませんでしたか?

旅行中の運転をしてくれませんでしたか?

「疲れてない?」と心配してくれませんでしたか?

 

思い返すと、意外とやってくれていた。と感じることもあるかもしれません。すると、相手への怒りが和らぎませんか?

一切ない!と断言できるなら、先ほども申し上げた通り、お願いするのも一つです。

思いやりが消えた瞬間から、地獄のはじまり

 

夫婦喧嘩で、同じことの繰り返しで疲れている人は
相手への気持ちが冷めている可能性があります。

 

言い換えると、相手に対して思いやりが持てない状態です

 

こうなってしまうと地獄のはじまりです。
相手の言動一つ一つが許せなくなり、常に気が張っている状態が続きます。
相手にも険悪オーラが伝わり、二人してどんどん泥沼にはまっていきます。
最終地点は離婚です。

 

そうなる前に話し合いましょう。
毎日少しずつでもいいから話し合うのが大切です
溜め込んでから噴火しても、よい結果は絶対に残りません
焼け野が原が広がるだけです。

ここで「何で自分が話し合うきっかけを作らなきゃいけないんだ・・・」と思ってませんか?
その時点で、離婚への沼に片足つっこんでいます。

「自分は悪くない」という感情は捨てなきゃ解決しません

 

私の両親も、一緒にいた20年以上
やり直せる場面はたくさんあったはずです

しかし感情的になって相手を責めたり、
「自分は悪くない」と話し合いから逃げたり、

積もり積もって離婚と言う結果に終わりました。

 

ひどくもったいないと思うんです。
せっかく何億もいる人の中で、出会い、結婚し、子も授かったのに、こんな風に終わってしまったことが。

 

もちろん性格の不一致で、どうしても離婚しなければいけない人もいます。だけど終わり方は選べたはずです。
こんな風に20年以上一緒にいた相手を憎みながら離婚するなんて、寂しすぎます。

 

どうか同じことで繰り返し、夫婦喧嘩をしている人が、一組でも減ればいいなと思います。

この記事を書いた人
月子

経歴なし / スキルなし / お金なし
文学部卒業し、社会人になり転職3回。
3重苦になりながらも、プログラミングスクールへ。
4月からSESの会社で、未経験エンジニアとして働きます。
フリーランスエンジニア&副業で年収1千万いくのが夢です。
新婚です。

駆け出しプログラマーの毎日
ぶっちゃけ話
スポンサーリンク
駆け出しプログラマーの毎日
月子の新婚生活記

コメント

タイトルとURLをコピーしました